一般歯科・小児歯科・根管治療・歯科鍼灸

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 根管治療
  • 歯科鍼灸

極力痛みを抑えた虫歯治療を~一般歯科~

極力痛みを抑えた虫歯治療を~一般歯科~

一般歯科では、おもによくあるお口の病気「虫歯」の治療を行っています。セルフケアを怠るといつのまにかできてしまう虫歯。よくある病気なのに、その実態についてくわしく知っている方は少なくないのではないでしょうか? 以下では、虫歯の進行段階とその治療について解説しています。

なお、当院では虫歯治療にCTを活用しています。歯や顎の骨などをあらゆる角度から把握できるため、これまでレントゲンではわからなかった口腔内の詳細な情報までもが取得可能。精度の高い診断が実現し、安全・正確な治療がご提供できています。安心しておかませください。

優れた精密診断機器「CT」についてくわしくはこちら

虫歯の進行と治療方法

虫歯の進行状態は「C0」~「C4」の5段階に分類されます。

  症状 治療法

ごく初期の虫歯(C0)

歯の表面のエナメル質が白っぽくなります。自覚症状はありません。 正しいブラッシングとフッ素塗布で治癒することがあります。

エナメル質の虫歯(C1)

エナメル質が溶けて浅く穴があいて黒くなります。まだ自覚症状はありません。 患部を削り、詰め物をします。

象牙質の虫歯(C2)

エナメル質よりも深い象牙質にまで虫歯が進んだ状態。甘いものがしみます。 患部を削り、詰め物をします。

神経にまで進行した虫歯(C3)

象牙質より深く、神経にまで進行した状態。何もしなくてもズキズキと痛みます。 「根管」内から神経を除去し、無菌になるまで消毒をしてから薬剤を詰めて被せ物をします(根管治療)

歯根にまで進行した虫歯(C4)

歯冠が破壊されてしまった状態。神経がないため一時的に痛みを感じなくなりますが、放置しておくとふたたび痛みます。 抜歯をし、その後、入れ歯インプラントで失った歯を補います。

ドリル音や痛みが怖い方へ――削らない虫歯治療

虫歯治療で、歯を削るときの音や痛みが苦手という方は少なくありません。当院では、そういった患者様に安心して治療をお受けいただくため、以下のような不快な機械音のしない、できるだけ痛みの少ない治療法を採用しています。

カリソルブ

「カリソルブ」という溶液を患部に塗布することで患部のみを軟化させ、痛みなく感染部分を除去できます。痛みが少なく、不快な機械音がほとんどないだけでなく、健康な部分を削ることもありません。

ヒールオゾン(オゾン治療)

殺菌効果の高い「オゾン」を照射して虫歯菌を殺菌したあと、フッ素入り薬剤で再石灰化を促します。

レーザー

歯を削ることができる唯一のレーザー「エルビウムヤグレーザー」で虫歯部分を除去します。削るといっても痛みもなく、音や振動もわずかです。

早期発見で治療を軽く~虫歯検査~

以下の検査では、目視では見つけられない初期の虫歯を発見できます。

ダイアグノデント

レーザー光線による測定で、肉眼では発見しづらい虫歯を高確率で発見します。

唾液検査

唾液を採取し、唾液の量や虫歯菌の数を調べて、現時点での虫歯の有無を調べ、虫歯に対する抵抗力を測定。抵抗力が低いとわかった場合は、予防対策に早く取り組むようアドバイスいたします。

ワルファリン服用中の患者様の抜歯について

当院では、ワルファリン服用中の患者様に対して安全な環境下での抜歯を行うため、PT-INR測定機器「INRatio2メーター」を使用しています。

従来、弁膜症や心房細動、心筋梗塞、血液透析などの患者様で、血栓形成を予防する目的でワルファリンを服用されている方の場合、多量出血などを防止するために休薬する方法がとられてきました。

しかし近年では、「循環器疾患における抗凝固・抗血小板療法に関するガイドライン」などで休薬による原疾患の悪化や血栓塞栓症の発症のリスクが指摘され、服用継続下での処置が推奨されています。

PT-INR2.0~4.0であればワルファリン継続下でも抜歯可能

ワルファリン服用下でも安全に抜歯するために推奨されているPT-INRの範囲は2.4~4.0。当院ではINRatio2メーターを用いることで、約1分で正確にPT-INRを計測し、安全な環境下で抜歯を行っています。ワルファリンを服用されている方も、どうぞ安心してお任せください。

お子様の将来の健康なお口のために~小児歯科~

お子様の将来の健康なお口のために~小児歯科~

乳歯から永久歯に生え替わるまでのお子様を対象にしたのが小児歯科です。小児歯科では、虫歯の治療や予防だけでなく、歯が生えてくる状況について、その位置・方向や歯の完成具合を立体画像で確認できるCTを活用し、生涯にわたって理想的な口腔内になるように永久歯への正しい生え替わりのサポートも行っています。

小さいお子様でも安心して通っていただけるよう、院内には保育士を在籍させ、楽しく通院していただけるよう、治療後にはおもちゃのプレゼントをご用意しています。お気軽にご来院ください。

優れた精密診断機器「CT」についてくわしくはこちら

虫歯が痛い!はかわいそう。予防こそいちばんの"治療"です

お子様の歯は大人の歯に比べて虫歯になりやすいもの。小児歯科では、虫歯の予防処置を中心とした診療を行っています。

ブラッシング指導

歯の大きさや形、生え方は、人によって違います。お子様の口腔内をくまなくチェックし、それに合わせた歯みがき方法を指導します。

フッ素塗布

虫歯菌への抵抗力を高めるフッ素を歯に直接塗布することにより虫歯を予防します。また、フッ素には再石灰化も促す作用もあるため、初期の虫歯なら治癒させることもできます。

シーラント

奥歯には複雑な溝があり、歯みがきがしにくいためにどうしても虫歯になりやすいもの。その溝をプラスチック樹脂で埋めて食べかすなどが溜まらないようにする処置がシーラントです。

過剰歯の抜歯 通常の本数よりも歯が多く生えてしまうことがあり、これを「過剰歯」といいます。過剰歯は、ほとんどの場合、歯並びを悪くする原因になりますので、取り除く必要があります。
床矯正 顎が小さいことで、歯並び・噛み合わせが悪くなります。成長期ならではの可動性を利用して「床矯正」で顎を拡げます。
ムーシールド 受け口を改善する矯正法です。マウスピースのような装置をはめることで口腔周囲の筋肉の不調和を整え、正常な咬合に誘導します。

しかしながら、最大の予防は親御さんのこまめなチェックです。小さなお子様にとって、歯のケアは本来苦手で面倒なもの。また、なかなか自身一人ではうまくできないでしょう。親御さんがこまめにチェックしていれば、もし問題点が見つかってもすぐに発見でき、負担をかけずに解消へと導けます。セルフケアができるようになるまでは仕上げみがきなどでお子様の歯を守ってあげてください。

将来、自信が持てる口元を育ててあげましょう~予防歯科~

将来、自信が持てる口元を育ててあげましょう~予防歯科~

重度の虫歯で歯を救う唯一の治療~根管治療~

重度の虫歯で歯を救う唯一の治療~根管治療~

虫歯が重度になると、抜歯をする可能性が出てきます。そこで、抜歯を避けるために行う治療が「根管治療」です。根管治療とは、神経が入っていた管(根管)から、感染した神経や血管などを除去して清掃・消毒。その後、空洞になった根管に薬剤を充填し、フタをして最後に被せ物を被せます。根管治療では、完璧に処置しないと被せ物をしたあとで再発するおそれがあるため、高度な治療技術が求められます。

  • 1.治療前
  • 2.神経除去
  • 3.清掃・消毒
  • 4.薬物貼布
  • 5.根管充填
  • 6.補綴物装着
  • 1.治療前1.治療前
  • 2.神経除去  2.神経除去
  • 3.清掃・消毒3.清掃・消毒
  • 4.薬物貼布4.薬物貼布
  • 5.根管充填5.根管充填
  • 6.補綴物装着6.補綴物装着

根管治療では、完璧に処置しないと被せ物をしたあとで再発するおそれがあるため、高度な治療技術が求められます。当院では、経験豊富な医師が治療にあたります。また、歯の根の形態や曲がり具合、方向や長さなどを立体的にとらえることができるCTを活用し、精度の高い診断を実施しておりますので、安全・正確な治療が可能です。重度の虫歯でお悩みの方は安心してご相談ください。

優れた精密診断機器「CT」についてくわしくはこちら

根管治療の方法

根管は患者様一人ひとり形や長さに違いがあり、それによって治療法(薬剤の充填法)も変わります。

垂直加圧充填(バーチカル)

根管の上から垂直に薬剤を押し込む方法。歯根の先端まで隙間なく充填できます。

側方加圧充填(ラテラル)

根管の深さを正確に測り、その長さに合わせた薬剤を充填し、横から専用器具で圧接することで隙間なく詰めます。

根管治療の流れ

  • リーマーやファイルという器具で、虫歯菌で汚染された神経などを丁寧に取り除き、清掃・消毒します。
  • 垂直加圧充填(バーチカル)、もしくは側方加圧充填(ラテラル)で薬剤を詰めます。
  • フタをしたあと金属の土台(コア)を入れ、その上から被せ物をして完了です。
  • 1リーマーやファイルという器具で、虫歯菌で汚染された神経などを丁寧に取り除き、清掃・消毒します。

  • 2垂直加圧充填(バーチカル)、もしくは側方加圧充填(ラテラル)で薬剤を詰めます。

  • 3フタをしたあと金属の土台(コア)を入れ、その上から被せ物をして完了です。

根管治療の成功率を上げる器具

チューブセット(200MINIα)

患部から外部へ、外部から患部への感染を防ぐゴムチューブのようなものです。チューブで患部を囲って雑菌の侵入・拡散を防ぎます。

Niti(ニッケルチタン)ファイル

根管形成・拡大に用いる器具です。高い弾性を持っているためダメージを与えません。

治療の成功率を後押しする歯科用CT

治療の成功率を後押しする歯科用CT

治療の成功率を後押しする歯科用CT

CTとは、歯や顎の骨などをあらゆる角度から把握でき、これまでレントゲンではわからなかった口腔内の詳細な情報が得られる精密診断機器です。お口全体を立体画像で確認できるため、精度の高い診断が実現し、確実・正確な治療計画立案に役立ちます。

一般歯科(根管治療)や小児歯科のほか、インプラント治療や歯周病治療、矯正治療にも活用し、治療の成功率アップに貢献しています。

歯科用CTスキャナーの特徴

目で見えないところも一目瞭然!
歯ぐきの中にある顎の骨の状態だけでなく、神経や血管の位置などもわかります。
患者様にも理解しやすい!
病状が立体画像で表示されるので患者様も確認しやすく、インフォームドコンセント(説明と同意)につながります。

Q&A

「CT」とは?
CTとは、「コンピューター断層撮影装置」のこと。レントゲンが平面のみの撮影なのに対してCTでは立体的に撮影できるため、コンピュータに取り込むことで3D画像での診断が可能になります。
撮影時間はどのくらい?
撮影部位などにもよりますが、約20秒で撮影が終了。患者様に負担をかけません。

鍼灸師の資格がある院長が、痛みを緩和します~歯科鍼灸~

鍼灸師の資格がある院長が、痛みを緩和します~歯科鍼灸~

「鍼灸」というと、肩や腰の痛みの治療というイメージがあるかと思います。実はそれだけではなく、歯の痛みや顎関節症の治療にも効果があるのです。

診察台に座ったまま、ツボに針を刺して微電流で患部を刺激します。痛みなどはまったくありません。肩こりや歯の違和感(歯が浮いた感覚)など気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

お気軽にご相談ください

お気軽にご相談ください

お気軽にご相談ください

  • 歯科鍼灸師の資格を持つ院長による治療ですので、安心してお受けいただけます。

その肩こり、頭痛、噛み合わせが原因かもしれません 噛み合わせ・矯正歯科について

その肩こり、頭痛、噛み合わせが原因かもしれません 噛み合わせ・矯正歯科について

このページの先頭へ