噛み合わせ

  • チェック
  • 原因と影響
  • 治療方法
  • マウスピース
  • 治療について

当院の噛み合わせ治療方法一覧

当院の噛み合わせ治療方法一覧

当院の噛み合わせ治療方法一覧

大阪市阿倍野区の歯医者「西村歯科医院」では、患者様の症状やお悩みを改善するため、さまざまな噛み合わせ治療を取り入れています。患者様のお話をお聞きしながら、最適な治療方法をご提案しますので、お気軽にご相談ください。

矯正治療
矯正治療

アメリカをはじめとする欧米諸国では、「歯並びが悪い」ということは自己管理が徹底されていないと見なされてしまう傾向にあり、その考え方は近年、日本にも広がりつつあります。そのため、噛み合わせの問題だけでなく、外見の印象を気にされて歯並びをきれいにしたいという患者様の要望も増えてきています。このような方におすすめなのが、オーソドックスなマルチブラケットによる矯正治療です。

ブラケットによる矯正は、信頼性の高い伝統的な治療法で、様々な症例に対応可能。マウスピース矯正や舌側矯正に比較すると、治療を短期間で済ませることができます。

補綴治療
補綴治療

補綴(ほてつ)治療とは、歯を失った場合に行う治療を指します。具体的にはインプラント、ブリッジ、入れ歯といった治療法があります。
インプラント治療は、美しい見た目と本物に近い噛み心地を実現できることから、近年、希望される方は増えていますが、そのデメリットについても知っておく必要があります。たとえば食べ物を咀嚼する時、上下の歯の噛む力に差異が出てしまい、インプラントと噛み合う歯のほうに負担がかかることがあります。その場合、噛み合う歯にも補綴物を入れなければならなくなることもあるため、外見・機能ともにメリットは多いものの、その分、入れ歯やブリッジよりもリスクが高い治療法なのです。

当院では患者様第一の治療を心がけています。丁寧な説明を行い、メリットとデメリットをきちんとご理解いただいたうえで最適な治療をご提案しています。

理学療法
理学療法 顎関節症でお悩みの方におすすめしている治療法です。関節の機能を改善させるために、当院では鍼灸療法、マイオモニター(電気刺激による代謝促進)、温熱療法、低周波マッサージを行っています。いずれの治療も血流を促進することで、こり固まった顎の関節をほぐす効果があります。また、ご自宅でできるストレッチなどのセルフケアも指導いたします。
運動療法
運動療法 顎関節症でお悩みの方や、顎のズレなどを原因とする、左右の噛み合わせ力が異なる方の症状改善に効果のあるトレーニングです。口をゆっくり開閉する運動やビニールチューブ(当院で差し上げます)を噛む運動などを習慣づけることで、顎関節のまわりの筋肉や、噛み合わせが悪く弱ってしまった顎を強化します。当院では、正しい知識に基づいたトレーニングの方法をお伝えしていますので、毎日ご自宅で実践してみてください。
スプリント療法
スプリント療法 スプリント療法は就寝中にマウスピースを使用することにより、噛み合わせのズレを改善していく治療法です。軽度の症状に対して有効であり、歯ぎしりや睡眠時無呼吸症候群でお悩みの方にも効果があります。睡眠時無呼吸症候群の治療に関しては、保険が適用される場合とそうでない場合がありますので、来院される際に耳鼻科や専門の医療機関での診察結果の資料などをお持ちください。
マニピュレーション法
マニピュレーション法 顎関節にある関節円盤にズレが生じている場合に、医師が患者様の口腔内に手を入れて、正しい位置に戻す治療法です。顎がはずれて関節が脱臼している、もしくは脱臼しかけている状態の方に効果があります。この治療は口腔外科、整形外科、外科で行われていますが、歯科でも対応可能です。
歯科鍼灸及び東洋医学技術
歯科鍼灸及び東洋医学技術 歯の痛みや顎関節症の症状には、東洋医学に基づく「鍼灸」を用いた治療も行っています。
人差し指の下の「合谷(ごうこく)」や、肘の「曲地(きょくち)」といったツボに鍼を打ち、微弱な電流で刺激することで、首から上の痛みを緩和します。施術の痛みはまったくありません。なかには抜歯の最中に鍼灸もあわせて行うことで、歯科治療の痛みも感じなかったという患者様もいらっしゃいます。投薬では改善が見られない歯の痛みや違和感、肩こりなどでお悩みでしたら、お気軽にご相談ください。
このページの先頭へ