入れ歯

「入れ歯は噛み心地が悪い」とまだお思いですか?

「入れ歯は噛み心地が悪い」とまだお思いですか?

わたしたちは何らかの理由で歯を失うことがあります。歯を失ったままにしておくとさまざまな悪影響があるため、人工の歯で補う必要があります。その方法の中でもっともポピュラーなのが「入れ歯」です。

ただ、入れ歯に悪いイメージをお持ちの方は少なくないと思います。ですが、歯科医療の進歩に伴って入れ歯技術も進歩しているのです。当院では保険・自費を問わず、患者様のお口にぴったり合った入れ歯をご提供しています。食事や会話など、生活をより豊かにするために、歯を失ってお困りの方、現在お使いの入れ歯に不満をお持ちの方は、お気軽にご相談ください。

保険の入れ歯と自費の入れ歯

入れ歯には保険診療のものと自費診療のものがあります。当院では、患者様のご希望に合わせてどちらにも対応可能です。

保険の入れ歯

最低限の機能回復を目的とした入れ歯です。素材(レジンのみ)や技術が制限されているため、自然な見た目や快適な噛み心地は考慮されていません。ただ、安価かつ短期間で作れるといったメリットがあります。

自費の入れ歯

保険適用外なので費用がかかり、保険の入れ歯に比べて作製期間もかかりますが、素材や技術が自由なため、自然な見た目、快適な噛み心地を手に入れることができます。違和感のない入れ歯が手に入るのです。

当院の取り扱い入れ歯(自費)

ノンクラスプデンチャー

金属のバネがない入れ歯。見た目が自然です。また、素材が薄いので装着時に違和感が少なく、変色もしにくいのもメリットです。金属を使わないのでアレルギーの方にも対応できます。

マグネットデンチャー

入れ歯とご自身の歯根に強力な磁石(マグネット)を取りつけて、それらの磁石で固定する入れ歯です。硬い物を噛んでもズレることはもちろん、外れることもありません。思いきり噛みしめることができます。

シリコンデンチャー

歯ぐきにあたる部分を弾力性のあるシリコンでできた入れ歯です。シリコンがクッションとなるため、歯ぐきへの負担が軽減され、噛んでも痛くありません。ピタっと密着しますから外れる心配もありません。

金属床義歯

歯ぐきにあたる部分が金属でできた入れ歯です。口の中で気にならないほど床を薄くすることができ、装着時の違和感がほとんどありません。また、熱伝導率がよいので食事を楽しめます。当院では、3種類(ゴールド、チタン、コバルトクロム)の金属に対応しています。

トルティッシュ

水分を通す特殊金属「トルティッシュ」を床材に使用した金属床義歯です。トルティッシュには目に見えないミクロの孔があるため、唾液や食べ物の味、温度も通します。お手持ちの入れ歯の床を作り換えることも可能です。

入れ歯はちょっと・・・とお考えの方へ「歯牙固定」
入れ歯はちょっと・・・とお考えの方へ「歯牙固定」

「歯がグラついてきて、このままでは抜けてしまう……。でも入れ歯はちょっと……」とお考えの方へ。そのグラついた歯の隣に健康な歯はありませんか? 形状記憶金属のスプリングを用いて健康な歯に固定させることで、その歯を抜かずにこれまでどおり使うことができます。食べにくいから抜いて……と考える前に、ぜひ一度ご相談ください。

  • 右2歯が動揺している
  • 左端の丈夫な歯とウィングロックでつないだところ
  • 右2歯が動揺している右2歯が動揺している
  • 左端の丈夫な歯とウィングロックでつないだところ左端の丈夫な歯とウィングロックでつないだところ
このページの先頭へ