インプラント

歯を失ってしまってもインプラントがあります!

歯を失ってしまってもインプラントがあります!

インプラント治療とは、失った歯根の代わりに人工歯根を埋め込み、その上に天然歯の質感に近いセラミック製の人工歯を取りつける治療です。人工歯根は顎の骨にしっかり結合するためしっかり噛め、天然歯と区別がつかない見た目になります。

当院では、インプラント治療にCTを活用しております。インプラント治療では、人工歯根を埋め込む顎の骨の状態などをしっかり把握する必要があるため、歯や顎の骨などをあらゆる角度から撮影することで口腔内の詳細な情報が得られるCTを活用しての診断は必須。精度の高い診断を実現し、安全・正確なインプラント治療をご提供しておりますので、安心しておまかせください。

優れた精密診断機器「CT」についてくわしくはこちら

インプラント・ブリッジ・入れ歯の比較

歯を失ったままにしていると、その両隣の歯が傾いたり、噛み合わせが悪くなって口腔内全体に負担がかかり別の歯を失ったりすることもあります。失った歯は早めに補う必要があるのです。歯を補う治療には、インプラントのほかに「ブリッジ」「入れ歯」があります。当院ではこれらの中から、患者様にもっとも合う治療法をご提案いたします。

 

インプラント

ブリッジ

入れ歯

費用 保険適用外なので高額 保険適用で安価
※保険適用外もあり
保険適用で安価
※保険適用外もあり
装着感
  • 違和感がない
  • ズレない
  • しっかり噛める
  • 比較的違和感がない
  • ズレることがある
  • 違和感があることがある
  • ズレやすい
顎の骨 痩せにくい 痩せやすい 痩せやすい
治療期間 比較的長い 短期間 短期間
周辺への負担 ない
  • 健康な歯を削る
  • 支えの歯に負担がかかる
  • 部分入れ歯の場合、支えの歯に負担がかかる
見た目 天然歯と変わらない セラミック製ならば天然歯に近い 留め金が見えるものがある
その他   隙間に食べカスが溜まりやすく、不衛生 隙間に食べカスが溜まりやすく、不衛生

インプラント治療の流れ

1.初診カウンセリング

1初診カウンセリング

お悩みを親身になってお伺いします。その後、インプラント治療についてご説明いたしますので、治療へのご希望やご質問がありましたら、お気軽におたずねください。
2.検査・治療計画

2検査・治療計画

レントゲン撮影、歯型や噛み合わせの検査などを行い、インプラント治療に必要なデータを収集します。検査結果から総合的に判断した治療計画を立案し、ご提案します。
3.一次手術

3一次手術

歯ぐきを切開して歯を失った部分の顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋め込みます。外科手術ですがごく簡単なものなので、ご安心ください。局部麻酔で痛みは回避できます。
4.治癒期間

4治癒期間

インプラントが顎の骨としっかり結合するのを待ちます。通常、下顎で2~3ヶ月、上顎で3~6ヶ月の治癒期間を置きます。
5.二次手術

5二次手術

インプラントの結合が確認できたらふたたび歯ぐきを切開し、インプラント上部に人工歯を取りつけるための接続部品(アバットメント)を装着します。
6.人工歯の作製・装着

6人工歯の作製・装着

二次手術の切開傷が治るのを待ってから(1~6週間)型を採り、噛み合わせを考慮して作製された人工歯を装着します。
7.メンテナンス

7メンテナンス

人工歯を装着したらそれで終わりではありません。インプラントを快適にお使いいただくために、定期的なメンテナンスをおすすめします。

インプラント治療の種類について

インプラント オーバーデンチャー

4本のミニインプラントを土台に、お手持ちの入れ歯を固定する治療法です。ミニインプラントの場合、歯ぐきを切開しないため痛みや出血がほとんどなく、その日から食事が可能です。

グラフトレス

従来、顎の骨にインプラントを結合させる際、骨が足りない場合には骨造成や骨移植(グラフト)が必要でした。しかし「グラフトレス」なら、もし骨が足りなくてもそれらの処置なしでもインプラント治療ができます。

抜歯即時

抜歯したその日にインプラントを埋入する術式です。麻酔注射も手術も1回だけで済み、治療期間をぐっと短縮できます。

フラップレス

歯ぐきを切開せず、小さな穴をあけて埋め込む術式です。治療期間を短く済みます。

サイナスリフト

インプラントを埋入するのに上顎の骨が足りない場合の治療法です。歯ぐきを切開して上顎の上の空洞(上顎洞)に骨補填剤を充填し、骨を再生させます。

ソケットリフト

サイナスリフト同様、インプラントを埋入するのに顎の骨が足りない場合の治療法です。ただ、サイナスリフトのように歯ぐきは切開せず、インプラントを埋めるための穴から骨補填剤を注入し、骨再生を促します。

GBR法

顎の骨がインプラントをするのに足りない場合の治療法で、「メンブレン」という人工膜で顎の骨が再生すべきスペースを人工的に作り、そこに骨再生を促します。

ピエゾサージェリー

骨が薄くて通常のドリルでは削れない場合の治療法で、3次元超音波振動で顎の骨を削ります。削る範囲が最小限なので、神経や血管を傷つけません。

麻酔について

治療法や埋入箇所によって効果的な麻酔法は異なります。「表面麻酔」「局所麻酔」「全身麻酔」を使い分けるとともに、ご要望がありましたら全身麻酔医を招いて麻酔を行っています。

メンテナンスが大事です

インプラントの欠点をひとつ挙げるとすれば、それは神経が通っていないということでしょう。そのため、天然歯のように痛みで不具合に気づくことができず、気づいたときにはインプラント周囲炎(歯周病のような病気)などで深刻な事態になっていることがあります。

はじめ、インプラントのトラブルにならないために欠かせないのがメンテナンスです。自身で察知できないぶん、定期的にプロによるチェックが重要。トラブルが発生する前に、積極的にメンテナンスを受けましょう。

インプラントで快適に過ごすなら、積極的に予防を

インプラントで快適に過ごすなら、積極的に予防を

このページの先頭へ